機能

サプライヤー側の主な機能

クラウド型EDIサービス『EXtelligence EDIFAS』は、
製造業の企業間取引の電子化に必要な様々な機能を標準で装備しています。

請求機能

請求データをバイヤーに送信することができます。
添付ファイルを設定できるので、請求書のPDF等を同時に送ることが可能です。

  • 《バイヤー》請求情報取込処理画面 鑑と明細に分かれて表示されます。
  • 《サプライヤー》メニュー(CSVアップロード)画面CSVアップロードやAPI、Agent機能を利用して
    EDIFAS上に請求データをアップロード(送信)します。
    ※APIについては、こちらをご参照ください。
    ※Agentについては、こちらをご参照ください。

品目コード変換機能

取引先が発注する際の品番と自社で管理している品番が異なる場合、
あらかじめ変換関係をマスターとして登録することで、受注取込時に自社品番へ変換することができます。
自社品番への読み替えの手間がなくなり、自社の業務システムとの連携も容易になります。

  • 品目コード変換画面品目コード変換画面

データ取込通知機能

自社が送信したデータをバイヤーが取り込んだ場合に、
ご指定のメールアドレスに通知メールを送ることができます。
バイヤーが請求情報等を受け取ったか分からないといったことが無くなるため、
安定した企業間取引が実現できます。

  • 取込通知メールメール文面にバイヤー名や取り込みした情報種が表示されます。
  • 《EXtelligence》TOP画面新着情報欄に取込通知が表示されます。

送信承認機能

送信承認機能があるので、取引先にデータを送信する前に二重チェックをすることができます。
外部システムで確認する場合は、承認機能をOFFにすることも可能です。

  • 《サプライヤー》請求情報送信承認処理画面承認処理画面にて再度明細を確認できます。
  • 《サプライヤー》メニュー(請求)画面請求のみならず、受注(納期)回答や出荷入力など、
    バイヤーにデータを送るときは承認機能を設定することができます。

オールインワン

請求はもちろん、生産計画、見積依頼、発注、納期回答、出荷、仕入検収など
一連の企業間取引に対応しています。
しかも、機能別に追加料金は発生しません。

多言語対応

EDIFASは日本語以外に英語、中国語に対応しています。
取引先が海外にある場合でも、安心してご利用していただくことができます。

  • 英語版/メニュー画面
  • 中国語版/メニュー画面
  • お問い合わせ

    お問い合わせ

    製品に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

  • デモ依頼

    デモ依頼

    当社担当が訪問もしくはWeb利用にて、デモを行います。

  • 資料請求

    資料請求

    PDFのカタログをダウンロードいただけます。